お電話でのご予約・お問い合わせ 045-232-4457

Ena Garden ブログ

鎖骨を動かしてむくみ知らず♪

こんにちはEnaGardenです。

関節を動かす、筋肉を押す、皮膚をさするなど・・・リンパを流すことでむくみを解消する技は、なんとなくご存知の方も多いのでは??色々なむくみケアの方法にチャレンジしてもイマイチ結果が感じられない。

今回はそんな方にも、ぜひ試していただきたい!リンパドレナージュの効果を倍増させる、効果的な体操についてご紹介します☆

■そもそもリンパはどこに流れてゆくの?

全身のリンパは最終的には鎖骨の下を流れる静脈にたどり着きます。とくに左鎖骨の下へはなんと!全身の3/4が終結します。つまり右顔、右手、右胸は右の鎖骨の下へ。それ以外は右脚であろうと左脚であろうと、ほとんどが左の鎖骨の下へ流れてゆくのです。

■とにかく鎖骨を動かすことが大事!

いずれにしても、すべてのリンパは鎖骨の下に流れてゆきます。なので、鎖骨に動きをつけることによってリンパ液の滞りを和らげ、スムーズに流れるようにしてあげましょう。きちんと構造を理解している施術家が、全身のむくみをとるときにも、まず肩を回して鎖骨を動かすことから始めるのはそのためです。遠回りなようでも、そのほうがじつは近道なのです。

■鎖骨を動かしてリンパを流す方の肩の動かし方

残念ながら、腕をぐるぐると回すだけではなかなか効果的ではないそう。鎖骨を動かしてあげるためには、まず肘を脇腹にしっかりくっつけた状態で、そこから肩を回してみましょう!

できるだけ大きく、前から後ろに5回、後ろから前に5回。これを1セットにして3セットほど。うまくできない人はまずは肩を大きくすくめてみることから始めてみるとイメージがつきやすいかもしれません。これならすぐにできるので、仕事の合間にもトライできちゃいそうですよね☆

いかかでしょうか?簡単ですぐにむくみにとっても効果のある体操です。ぜひ、すぐにでもチャレンジしてみてくださいね(^^)/


  1. HOME
  2. 鎖骨を動かしてむくみ知らず♪