お電話でのご予約・お問い合わせ 045-232-4457

Ena Garden ブログ

薬膳で元気になる!食材の選び方②

こんにちはEnaGardenです。

今回は前回の続きでタイプ別に合った食材とおススメのレシピをご紹介。簡単な料理でも自分に合っていれば、きちんと消化吸収もされるので元気になれますよ(^^)

【Aの寒がりタイプの方】

もち米・ネギ・玉ねぎ・パセリ・シシトウ・ピーマン・蓮の実・山芋・かぼちゃ・ニラ・シソの葉・らっきょう・エビ・シラス・イカ・小魚・カツオ・鶏肉・牛肉・梅干し・ショウガ・コショウ・紅茶・ほうじ茶、などを

お勧めレシピ〈ネギとエビの炒め物〉・・・どちらも身体を温め、氣を巡らせる食材。冷えの改善にピッタリの組み合わせです!!

【Bの暑がりタイプの方】

玄米・小麦・きゅうり・トマト・セロリ・なす・レタス・アスパラガス・ほうれん草・ニガウリ・タケノコ・バナナ・キウイ・柿・スイカ・ワカメ・アサリ・コーヒー・煎茶、などを

お勧めレシピ〈ニガウリと豚肉の炒め物〉・・・身体の熱をとるニガウリと疲労回復効果のビタミンB1を豊富に含む豚肉で炒め物に。夏バテにも効果的!

【Cの寒がりで暑がりなタイプの方】

寒く感じるときはAの食材を、暑く感じるときはBの食材をバランスよく選んでみて下さい。更年期の場合、ホットフラッシュのようなのぼせがあったと思うと・・・お腹の辺りは冷えているなんて事も。そんなときは女性ホルモンのバランスをとることがとても大事なので、

なつめ・人参・牡蠣・長芋・大豆・クコの実・黒ゴマ・松の実・すっぽん・レバー・ほうれん草・かぼちゃ・ナッツなど血を補うもの摂り血の巡りをよくしてバランスをとりましょう。

お勧めレシピ〈ほうれん草の胡麻和え〉・・・黒ごまと黒砂糖を使うことで血を補って★

いかがでしたか?(^^)人の身体は食べた物でできています。今流行っている情報などを優先するよりも、旬の食材を選び、自分の体質に合うものを選ぶほうがずっと健康に近づきます。「薬膳」の智慧を活かしてよりエネルギーに満ち溢れた体とで元気に過ごしましょう!


  1. HOME
  2. 薬膳で元気になる!食材の選び方②