お電話でのご予約・お問い合わせ 045-232-4457

Ena Garden ブログ

ストレッチで血圧安定へ!②

こんにちはEnaGardenです。

前回は一時的に血圧を下げる「ツボ押し」を紹介しましたが、今回は高血圧体質の根治につながる「降圧ストレッチ」を紹介します。

このストレッチをすることで活量を高め、血管を柔軟にして血圧が安定しやすい体になるそうです!

【ストレッチで血圧が下がる仕組み】

肺活量が低下すると酸素が全身に十分に送れなくなり、心臓が心拍数を上げて酸素量を増やすために血圧が上がります。そこで「降圧ストレッチ」で肺をダイナミックに動かすことで肺活量を復活させ、血圧が下がりやすくなるんです。また、高血圧のもうひとつの原因である血管の硬さは運動不足や加齢で筋肉が硬くなることで起こりますが、降圧ストレッチは筋肉と血管を同時に伸ばしたり縮めたりを繰り返すため、柔軟な状態に戻ります。すると圧がかかっても血管はつぶれず血液がスムーズに巡り、最適な血圧を維持できるようになるのです。

胸からお腹を伸ばして肺活量アップ!

〈胸のストレッチ〉

①足を肩幅に開いて背筋を伸ばします。両手を体の後ろ側で組み、肘を伸ばして組んだ手を下に引っ張ります。

②胸を張って、組んだ手を引っ張りながら腕を上げられるところまでゆっくりと上げます。同時にあごを上げて顔を上に向け、胸を張った状態で10秒キープ。

★五十肩などで背中で両手が組めない人や、痛くて肘が伸びない人は、半分の長さにたたんだフェイスタオルの端を左右の手で持って行うとやりやすいです♬

習慣にすることで高血圧になりにくい体に変わっていきます(*'ω'*)

早ければ2週間で効果が出ることもあるそうなので、ぜひ継続してみて下さいね☆


  1. HOME
  2. ストレッチで血圧安定へ!②