お電話でのご予約・お問い合わせ 045-232-4457

Ena Garden ブログ

誰もが必ず通る道「更年期!」

こんにちはEnaGardenです。

今回は「更年期」について少しお話しようと思います。

更年期は閉経前後5年、45~55歳くらいの時期をいい「卵巣機能が終わっていく過程」の事をいいます。女性にとって、ごく自然な変化であり卵巣の働きが衰えてくると卵胞ホルモンの分泌が徐々に減っていきます。そして、働きが悪くなった卵巣は何とか働かせようと脳の下垂体から性腺刺激ホルモンを大量に分泌されます。こうして脳が興奮状態になると自律神経を刺激しバランスが崩れ様々な更年期症状が現れます。

症状のでかたは長く続く方もいれば、自覚がないまま更年期が終わる方もいて人によって個人差があります。ここで少し更年期の症状をまとめてみました。

●血管系・・・自律神経は血管を拡張、収縮させる働きをしており、血管系の自律神経が乱れるとほてり、発汗、動悸、息切れ、血圧の変動の症状が現れます。

●運動器、皮膚分泌系・・・卵胞ホルモンの不足によって起こり、関節の痛み、肩こり、腰痛、皮膚の乾燥、かゆみなどの症状が現れます。

●精神系・・・最も多くみられる症状で、人間関係や労働環境などのストレスが多い人は特に出やすくイライラ、憂鬱、不眠、めまい、頭痛、疲労感などの症状があります。

●内分泌系・・・ホルモンバランスが乱れると月経異常などが起こります。無排卵性月経が増え、ときに多量の出血を起こします。

更年期は卵胞ホルモンの減少によりホルモンバランスや自律神経が乱れます。完全に防ぐことは難しいですが、症状を予防・軽減ができます。様々な方法がありますが、毎日の食事を見直すことがとても大切です。更年期を緩和するには「ホルモン&自律神経」に作用する栄養素を摂ることが一番お勧めです。

●ホルモンに作用する食品・・・・ビタミンE(かぼちゃ・ナッツ類・アボガド)、大豆イソフラボン(豆腐・納豆・みそ)

●自律神経に作用する食品・・・・ビタミンB1(豚肉・レバー)、ビタミンC(レモン・苺・ほうれん草)

全てを改善は難しいと思いますが・・・これらの食品を少しずつ足してみて更年期症状の予防してみてはいかがでしょうか?


  1. HOME
  2. 誰もが必ず通る道「更年期!」